お湯のトラブル対応策|給湯器を交換するタイミングを見逃すなかれ

給湯器を交換するタイミングを見逃すなかれ

男の人

お湯のトラブル対応策

工具

故障したときは

スイッチ1つで温かいお湯が出る給湯器は、寒い季節には欠かせないものです。しかし、出るはずのお湯が出ないなどのトラブルが発生すると慌ててしまいがちです。給湯器の耐久年数は約10年といわれていますが、使用頻度や設置場所などによっても変化してきます。ガスや電気、灯油を燃料として動く給湯器はそれぞれ故障のサインがあります。もし、そのサインに気づいたら早めに給湯器のメーカーに連絡して修理を依頼してみましょう。保証期間内であれば無償で修理することが可能です。給湯器のメーカーは製造して生産が終わったあとの10年間は部品を保存しています。生産が終了して10年以上経過している場合は、部品がないので修理ではなく交換になることもありますので注意しましょう。また、古いものを修理するよりも新しい給湯器のほうが燃費がよく経済的面でもお得になることもありますので、担当者と相談することが大切です。

定期点検や掃除が大切

給湯器の突然の故障は定期的な点検をメーカーに依頼することで予防することができます。有料になりますが、給湯器の寿命を長くする方法の一つになります。このほかに個人でできることとして、風呂釜のフィルターにゴミが溜まって不具合の原因になることがありますので掃除をこまめに行いましょう。また、ガス臭い、炎の色がいつもと違う、異常音がする場合は個人で判断せずにメーカーに相談しましょう。リモコンで操作するタイプの給湯器は、スイッチパネルを確認して対応します。冬季に雪が降るような地域では、水道管の凍結が原因で給湯器が動かない場合もあります。水道管が凍らないようにするテープが販売されていますので、巻いておくと凍結を防止することができます。