給湯器を交換するタイミングを見逃すなかれ

作業者

壊れることを考える

白い給湯器

給湯器のメーカー保証は1年か2年のところが多いですが一定の料金を払うことで保証期間を延長してくれるサービスがあります。その保証期間に故障しても無償で修理をしてもらえます。また、故障の原因としてゴミやホコリがあるため掃除をすることが大切です。

読んでみよう

お湯のトラブル対応策

工具

給湯器は寒くなると使用頻度が多くなる機器です。通常は簡単に故障しませんが、使用しているうちに劣化して修理や交換が必要になります。故障した場合は修理か交換か迷うところですが、経済的な面や設置状況を考えて適切な方を選ぶようにします。長く使い続けるには、定期的な点検や掃除などを行うことも大切です。

読んでみよう

ほしい物と節約グッズ

複数の給湯器

給湯器を機能や設置できるタイプに応じて購入でき、ネットで割安なものを手に入れられることも少なくありません。機能を理解して利用することで、節約グッズをかわずに光熱費削減につながるといわれているので、説明書を読んでください。

読んでみよう

安心できる業者に依頼

修理業者

まずは相談することが賢明

給湯器は、冬場の食器洗いや、毎日のお風呂などで私たちの日々の生活の中で欠かせない存在です。給湯器の交換は、だいたい10年が目安だとされていています。おおよそ3年以内では、無料で交換してくれる業者が多いです。給湯器を一軒家で使っている場合、他の家に配慮する必要はありません。しかし、マンションやアパートで使っている場合は、ガス管が近隣の家庭と繋がっているため、配慮を頭の隅に入れておくことが賢明です。また、給湯器を使う際の注意点は幾つかあります。1つ目は、使う前に設定温度を安全な温度に設定しておくことです。おおよそ35度から40度が目安です。この温度に設定しておくことにより、子どもやお年寄りでも安心して使うことができます。給湯器を使う際、エラーの表示が出てくると交換のタイミングでもあります。

環境にも優しい仕組み

給湯器は、年々小型化しておりコンパクトであるため、人気も上昇傾向にあります。交換期の前に付け替える家庭もあるほどです。また、画面に表示される字幕が大きく、一目で分かりやすい仕組みになっています。最近の給湯器は、お風呂で追い炊きをする際、その温度まで到達すると自動的に泊まり、音声で知らせてくれます。また、時刻を表示する機能や、お湯の量を調節する機能も充実しており、万人に使いやすいような工夫がなされています。最新型のものでは、地球環境に配慮した優れものが登場しています。ガスの力がよりパワフルに設計されており、より短時間でお湯が出るようになりました。すなわち、熱効率が大幅に上昇し、ガス代の節約を可能にしたのです。さらに、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出を抑え、低炭素型社会の実現をサポートしています。